So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

デミオ [我が家のクルマ]

 先日、ヴィッツを乗り換えました。
今度のはH16年式のデミオ 1300 MT です。
57600km走行で新車価格の10分の1以下のお値段。(^^

現車確認なしでネットで購入。しかも相手のお店は
ろくな在庫車もなく、小さなプレハブがあるだけ。

DSC08475_R.JPG







 結局、初代ヴィッツ(1000cc MT)にはH11年式とこのH12年式と合わせて
17年間のお付き合い。
走行距離が10万km超えて、そろそろクラッチの交換時期が迫ってきたことも
あり、換える事になりました。
DSC08469_R.JPG



関西からご自身でキャリヤカーにつんでやってきた店主は
こういう低価格ばかり扱っていてそれなりに忙しくいているんだそうです。
現状販売かと思いきや、きちんとディーラーで点検整備されて納車されました。

ヴィッツの唯一の不満はリヤのラゲッジスペースが狭いこと。
なので、今度はリヤが広いコンパクトカーのMT車と決めていたので
この2代目デミオを探していました。

DSC08478_R.JPG






 カーナビを取り付ける為の社外パネル。
エンジンをかけるたびにエアコンと内気循環のスイッチを押さないといけない。
夜はハザードスイッチも含め、照明がないので案外と不便。
クルマより古いカーナビで使い物にならないので、ヴィッツで使っていたGoriraを
取り付けました。

003_R.JPG




乗ってみると、発進時のトルクがとてもあってビックリ。
以前乗ったことのあるAT車はごく普通の印象。
ヴィッツはトルク感のないスカスカエンジンでしたが
それでも軽い車重のおかげで走りは案外と軽快で楽しいクルマでした。

それにしてもデミオのクラッチの重さには面を喰らいました。
「普通のコンパクトカーでこの重さは無いんじゃないの・・・・ブツブツ」。
アテンザといい、このデミオといい、マツダのFF車のクラッチは
どうもよろしくありません。


ところでこのクルマ本当に1300だよな・・・と思いつつ、エンジンを
見ようと思ったら、ボンネットが開きません。
「おっかしいなぁ?、そういえばこのクルマ、12年落ちなのにほとんど
ヘッドライトが黄ばんでいないなぁ・・・」
と、一瞬、事故車を疑ってしまいましたが、ディーラーに行ってみたら
レバーをワタクシは一生懸命上げてましたが、デミオは手前に引くのだそうです。(^^;


004_R.JPG


先日、別のクルマの車検で借りた代車のハイゼット カーゴ。
GS行って給油しようとしたら、蓋を開けるレバーがわからない。
いくら探してもわからないので、説明書を取り出してみたものの、どこに
書いてあるかさっぱりわからない。結局、セルフスタンドの若い女性店員を
呼んできて聞いたら、運転席シートの右側、背もたれの下にちょこんと黒いレバー
をすぐにみつけてくれました。
てっきり給油スタンドのマークがついたレバーがどこかにあるはず、と思い込んでいました。

デミオのボンネットといい、ハイゼットの給油口といい、我ながら応用力の無さにがっくり。
もう少ししたらきっとワタクシはまわりに迷惑をかけるような老人になると思う。







 そんなワタクシには望みはないけれど、高2の長男はまだ野球部でがんばっている。
3年、2年生合わせて12人しかいないのに背番号は19。
くじ運がよかったのか、一回戦は突破。
006_R.JPG






2回戦の相手校は応援席にベンチ入りできない部員が約30人。
こちらはたったの4人。
相手校はユニホームもピンと張っていて、体つきがいい。
やる前から勝敗はわかっていたような試合でしたが、それでも
相手の攻撃を0点に抑えた回が3回もあった。
もう1年生に追い越されているけど、来年は出場の機会があるかな?
011_R.JPG
あ、上から写真撮っている人がいる。



nice!(0)  コメント(10) 

2016年 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル [その他のクルマ]

 5月29日、久々にクラシックカー・フェスティバルを見に行ってきました。
場所は愛・地球博記念公園(モリコロパーク)です。


 1960年 メッサーシュミット KR200
楽しそうに乗っていたのが印象的。
DSC04197_R.JPG






 1963年 ハインケル トロージャン
200ccエンジン、車重250kg。
DSC04175_R.JPG







 1964年 フォルクスワーゲン タイプⅡ 荷台はメッサーシュミット
水色は1967年のフォルクスワーゲン タイプⅢバリアント
DSC04193_R.JPG







 とても珍しいチェコのクルマ、1973年 シュコダ 110R (イギリス仕様)
旦那さんが運転していましたが、奥様が購入したクルマ。リアエンジン。
DSC04216_R.JPG




DSC04217_R.JPG









 1966年 ポルシェ911
完璧にレストアされてとびっきりきれいなクルマでした。
DSC04221_R.JPG










 1973年 シトロエン DS23 
ユニークなヘッドレスト
DSC04220_R.JPG







 1962年 日野ルノー カロッツェリア ワタナベ
現在、雑誌でグリフォンのレストアが連載されていますが、
あのカロッツェリア ワタナベ がチューンしたクルマ。
ドア4枚とリヤフェンダーがアルミ、フロントノーズにワタナベのエンブレムが付く。
DSC04223_R.JPG








 1970年 BMW 2002ti
2002の高性能版 ti は新車当時、数台しか正規輸入されなかったが、そのうちの1台。
DSC04228_R.JPG








 1971年 フォードマスタング マッハ1 429
この年式のマッハ1は約3万2千台生産されてますが、そのうち
429エンジン(7000cc)を載せていたのは約1200台あまり。(注:数字はうろ覚えデス)
そのうちの1台。この当時ワタクシが一番あこがれていたのがこのマッハ1。
DSC04231_R.JPG








 1958年 フォルクスワーゲン カルマンギア カブリオレ
ポルシェ356A からの乗り換え。オトモダチ(その1)のクルマ。
DSC04178_R.JPG








 1967年 ロータス ヨーロッパ タイプ46
新車で日本にやってきました。オトモダチ(その2)のクルマ。
DSC04213_R.JPG








 1969年 ボルボ P1800S
オトモダチ(その3)のクルマ。
DSC04208_R.JPG

*オトモダチ3人はすべて117ハンドメイドのオーナーデス。








<懺悔のコーナー>
 さる5月15日に恒例のALL JAPAN ISUZU FESTIVAL が香嵐渓(愛知)にて
行われました。・・・がワタクシはすっかり忘れておりまして、今年はレポートできません。
このイベントだけは毎年必ず見に行っていましたが、今年は日程すら調べていませんでした。
行った方によれば「すごく参加車が多かった!」らしいです。
このレポートを楽しみにしていた方には、たいへん申し訳ありません。m(_"_)m

DSC04190_R.JPG
















DSC04195_R.JPG










nice!(1)  コメント(24) 

ラ・フェスタ・プリマベーラ 2016 [あこがれのクルマ]

 4月15日にラ・フェスタ プリマベーラを見に熱田神宮(名古屋)へ行ってきました。

こういうイベントは大抵、農繁期と重なるので、近年はなるべく見に行かないように
していたのですが、今回は数日前に偶然、ネットで知ってしまったので、
「半日ぐらいいいか・・・」と思って出掛けました。

 すでに多くのクルマが集合していましたが、一般ギャラリーは柵外からしか
見ることができません。
今回、有名人はマチャアキ、マッチ、横山剣さんなど。
DSC04019_R.JPG


 柵内ではみなさん、有名人の方との写真撮影に余念がありません。
マッチは大抵、TV取材クルーが張り付いているので、どこにいるかすぐわかります。
それを多くの女性ファンが外から見守っています。

マッチの次に女性ファンが多いのが横山剣さん。
横山剣さんはとってもフレンドリーな方で、外のギャラリーとも相手をしてくれて
一緒に記念撮影に応じていました。
「あの人の愛人志望なの」というギャラリーも。

ワタクシも剣さんになりたい・・・。

水色のハンチング帽があこがれ。
DSC04016_R.JPG







 1956年 アルファロメオ ジュリエッタ
マッチが熱田神宮に入ってくるところ。
DSC03992_R.JPG








 柵外からだと写真も撮れないので、ただ眺めていましたら、
招待者のステッカーを胸に貼り付けた年配の方から声をかけてもらいました。

「なかなかスタートしないねぇ」とその方も時間を持て余している様子。
お話をしていたら、アルファロメオが大好きだといいます。
それが興じて、昔のアルファロメオの木版画を作っているという。

お名前を聞くと牧田哲明氏。どこかで聞いたことあるような・・・。
この方、自動車アートの第一人者だったのです。
ワタクシもノリタケの森で開催される「オートモービルアート展」には
2度ほど見に行ったことがありますが、今年は牧田氏の特集をやる予定なんだとか。

頂いたパンフレット。
img023_R.JPG

 ミニカーのお話などしてると、そこへ「マッチと写真撮っちゃった!」と娘さんが
戻ってきました。結構なクルマ好きなんだそうです。

「マチャアキにもボクの版画を何枚かあげたよ」と牧田さんが言えば
そばから娘さんが「家にはあると思うけどきっと倉庫ね」とツッコミ。
こうして、しばしクルマやタレントの話など楽しく3人でお話ができました。(^^











1936年 ベントレー ダービー
手を上げているのは、歩道橋上にいるギャラリーに。
DSC04039_R.JPG












1938年 アルヴィス 3リッタースペシャル
DSC04049_R.JPG










1947年 トライアンフ 1800ロードスター
DSC04057_R.JPG











1951年 バンディーニ 750スポーツ シルーロ
後ろは1950年 MG TD
DSC04066_R.JPG










1952年 スタンゲリーニ 750S
DSC04082_R.JPG












1953年 スタンゲリーニ 750SMM
ドライバーは落ちないんでしょうか?
DSC04090_R.JPG













横山剣さんの1956年 オースチン・ヒーレー 100/4 BN2 
DSC04119_R.JPG





1959年 スタンゲリーニ フォーミュラージュニア
今回唯一のシングルシーター。お一人様を応援したい。
DSC04126_R.JPG












マチャアキの1957年 マセラティ200SI
撮影時はわからなかったが、マチャアキがワタクシにむかって手をあげている。
DSC04123_R.JPG


結局クルマを近くでゆっくり見るチャンスが無かったのが残念。
次のチェックポイントまでマッチのファンと一緒におっかけをしたかったですが、
時計を見ればすでに12時過ぎ。畑に戻らないといけません。

こういうときに iphone のLive Photos で撮ったら面白そう。
でもワタクシはガラケーなんだな・・・。















nice!(0)  コメント(12) 

娘たちの卒業式 [家族]

 この3月、長女は中学を、次女は小学校を卒業しました。
中学では親に感謝の手紙がもらえるのですが、反抗期、真っ最中につき
親父にはなんの感謝もありません。(がっくし・・・)

記念写真も自分たちでスマホで撮るので、オトウサンの出る幕なし!
DSC03945_R.JPG
 勉強好きで進学校へ合格、はいいとして
高校に入ってもSANARUに行くらしい。月謝キツイなぁ。









 お姉ちゃんの影響か、次女も全然口を聴いてくれない。
DSC08384_R.JPG










 教師も卒業生も “はかま姿” が目立つこの頃。
DSC08389_R.JPG

セキリョウカン(寂寥感)感じる3月。









そんなオヤジに似合うチプカシ。MQ24-1E
DSC08387_R.JPG








nice!(0)  コメント(10) 

宗次ホール [ミッドナイト東海]

 2月18日にクラシックコンサートに行って来ました。

DSC08378_R.JPG


名古屋の栄にある宗次ホールはCoCo壱番屋の創業者、宗次徳二(むねつぐ とくじ)氏が
私財を投じて2007年に建てられたクラシック専用のホールです。

宗次徳二 WiKipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%97%E6%AC%A1%E5%BE%B3%E4%BA%8C


DSC08366_R.JPG


 昨年、当ブログに宗次ホールの方からコメントを頂き、ラジオの深夜放送の思い出について
作文を書いて欲しいと依頼されました。
その作文を読みながら、クラシックコンサートをする企画なんだそうですが、
深夜放送とクラシック音楽とはなんの繋がりも無いので、そこにいったいどういう意図が
あるのか疑問を感じつつも、とりあえず書いて応募しました。


 それが採用されることになったというので、頂いた招待券を持って出掛けたというわけです。
でも閑散とした会場だったら・・・、という一抹の不安がないわけではなかったのですが、
行ってみて驚きました。満席だったのです、クラシックのコンサートが。








img022_R.JPG

  ヴァイオリン 苅谷美幸
  ピアノ     西岡雄太
  朗読     村上和宏 (東海ラジオアナウンサー)


1 J.S.バッハ : チェンバロ協奏曲 第5番より
                       第2楽章 アリオーソ

2 ベートーヴェン : スプリングソナタ 第5番より
                       第1楽章 アレグロ

3 ドルドラ  : 思い出


4 ドヴォルザーク : 4つのロマンティックな小品 作品75より
                        第1曲 アレグロ・モデラート

5 R.シューマン  : 「子供の情景」より
                        第7曲 トロイメライ

6 アイルランドの民謡 / クライスラー編 : ロンドンデリーのうた


7 フランク : ピアノとヴァイオリンのためのソナタより
                   第4楽章 アレグレット・ポコ・モッソ



 コンサートは午前11時30分から12時45分まで。
採用された7作品の作文を一つ読んでは一曲演奏していくスタイル。
ワタクシは40年前の東海ラジオ「ミッドナイト東海」の松原敬夫さんの放送について書きました。
内容は「M・S君からの手紙事件」を要約したものです。
読まれている間、会場内がし~んとするのがわかって、ドキドキしました。

 他の作品は同じ「ミッドナイト東海」でも名和秀雄さんの放送についての想い出を書いた方や
「ジェットストリーム」について書いた方、リコタンの「電リク」のことを書いた方などがいました。


 コンサート終了後には演奏者と宗次徳二氏(予定)との記念撮影があるという話でしたが、
ワタクシたちの前に演奏者と記念撮影をされている団体がいました。
いったいどういう方々なんだろうかと思っていましたら、このホールでは8名以上の団体予約を
するとこういう特典があるのだそうです。
それと多くの観客が近隣のお店で食事ができるセットプランを利用しているようでした。
そのほかにも会費無料のフレンズ会員に登録すれば、毎月カラーチラシが自宅に届くなど
クラシックを気軽に楽しめる工夫があって、年400回のコンサートを開催できているのだそうです。

 ラジオの深夜放送とクラシック音楽、たしかになんの繋がりもないですが、平日のお昼に
懐かしい思い出話を聴きながらクラシック音楽を一緒に楽しむ企画もありかなと理解できました。

ちなみに今度4月には「まったり猫と楽しむクラシック」というのがあって、まったり猫の写真を
募集しているのだそうです。




 さて、最後の記念撮影は残念ながら宗次氏はいませんでしたが、ワタクシにとっては
大きなサプライズがありました。
それは松原敬夫さんが特別ゲストとして客席に来ていまして、
コンサートの最後に当時のエピソードを少しお話して頂いたことです。
40年前のミッドナイト東海には一度もハガキを書いたことありませんが、
いまこうして、ブログを書くことが松原さんへのお便りになっている感じがします。
ミッドナイト東海はまだ終わってないのかもしれません。



  
DSC08375_R.JPG


     宗次ホール     http://www.munetsuguhall.com/




過去の関連記事

  M・S君からの手紙   http://1565.blog.so-net.ne.jp/2006-03-26


  北川とみ         http://1565.blog.so-net.ne.jp/2006-09-03
           







nice!(0)  コメント(8) 
前の5件 | -