So-net無料ブログ作成

世界の自動車特集 [クルマの本]


いままで30数年にわたって毎月クルマの雑誌を買ってきました。
そのなかで一番印象深い本といえばモーターマガジンの3月臨時増刊号
「世界の自動車特集」1972年です。
クルマに興味を持ち始めたばかりの頃に買った本で、世界中のクルマから
自分が目標とするクルマを探しだすのが楽しみでした。

当時国産車ではトヨタのマークII に夢中でした。「おっ、いいじゃないか!」という
キャッチフレーズではじめて6気筒エンジンを積んだモデルです。
外車ではマセラティ ギブリ、イソ グリフォ、フォード ムスタングマッハ1、などに
あこがれていました。(ちなみにムスタングの日本語表記がマスタングに変わったのは
'75~'76頃だったと思います)
'73の本では真っ赤なデトマソ マングスタが落ち葉の中でたたずんでいる写真が掲載
されていてワタクシは魅了されました。(のちにマングスタのカタログを見たら表紙が
その写真でした)
まだジウジアーロなんて知らない頃の話です。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:クルマ・バイク(旧テーマ)

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。