So-net無料ブログ作成
検索選択
我が家のクルマ ブログトップ
前の10件 | -

デミオ [我が家のクルマ]

 先日、ヴィッツを乗り換えました。
今度のはH16年式のデミオ 1300 MT です。
57600km走行で新車価格の10分の1以下のお値段。(^^

現車確認なしでネットで購入。しかも相手のお店は
ろくな在庫車もなく、小さなプレハブがあるだけ。

DSC08475_R.JPG







 結局、初代ヴィッツ(1000cc MT)にはH11年式とこのH12年式と合わせて
17年間のお付き合い。
走行距離が10万km超えて、そろそろクラッチの交換時期が迫ってきたことも
あり、換える事になりました。
DSC08469_R.JPG



関西からご自身でキャリヤカーにつんでやってきた店主は
こういう低価格ばかり扱っていてそれなりに忙しくいているんだそうです。
現状販売かと思いきや、きちんとディーラーで点検整備されて納車されました。

ヴィッツの唯一の不満はリヤのラゲッジスペースが狭いこと。
なので、今度はリヤが広いコンパクトカーのMT車と決めていたので
この2代目デミオを探していました。

DSC08478_R.JPG






 カーナビを取り付ける為の社外パネル。
エンジンをかけるたびにエアコンと内気循環のスイッチを押さないといけない。
夜はハザードスイッチも含め、照明がないので案外と不便。
クルマより古いカーナビで使い物にならないので、ヴィッツで使っていたGoriraを
取り付けました。

003_R.JPG




乗ってみると、発進時のトルクがとてもあってビックリ。
以前乗ったことのあるAT車はごく普通の印象。
ヴィッツはトルク感のないスカスカエンジンでしたが
それでも軽い車重のおかげで走りは案外と軽快で楽しいクルマでした。

それにしてもデミオのクラッチの重さには面を喰らいました。
「普通のコンパクトカーでこの重さは無いんじゃないの・・・・ブツブツ」。
アテンザといい、このデミオといい、マツダのFF車のクラッチは
どうもよろしくありません。


ところでこのクルマ本当に1300だよな・・・と思いつつ、エンジンを
見ようと思ったら、ボンネットが開きません。
「おっかしいなぁ?、そういえばこのクルマ、12年落ちなのにほとんど
ヘッドライトが黄ばんでいないなぁ・・・」
と、一瞬、事故車を疑ってしまいましたが、ディーラーに行ってみたら
レバーをワタクシは一生懸命上げてましたが、デミオは手前に引くのだそうです。(^^;


004_R.JPG


先日、別のクルマの車検で借りた代車のハイゼット カーゴ。
GS行って給油しようとしたら、蓋を開けるレバーがわからない。
いくら探してもわからないので、説明書を取り出してみたものの、どこに
書いてあるかさっぱりわからない。結局、セルフスタンドの若い女性店員を
呼んできて聞いたら、運転席シートの右側、背もたれの下にちょこんと黒いレバー
をすぐにみつけてくれました。
てっきり給油スタンドのマークがついたレバーがどこかにあるはず、と思い込んでいました。

デミオのボンネットといい、ハイゼットの給油口といい、我ながら応用力の無さにがっくり。
もう少ししたらきっとワタクシはまわりに迷惑をかけるような老人になると思う。







 そんなワタクシには望みはないけれど、高2の長男はまだ野球部でがんばっている。
3年、2年生合わせて12人しかいないのに背番号は19。
くじ運がよかったのか、一回戦は突破。
006_R.JPG






2回戦の相手校は応援席にベンチ入りできない部員が約30人。
こちらはたったの4人。
相手校はユニホームもピンと張っていて、体つきがいい。
やる前から勝敗はわかっていたような試合でしたが、それでも
相手の攻撃を0点に抑えた回が3回もあった。
もう1年生に追い越されているけど、来年は出場の機会があるかな?
011_R.JPG
あ、上から写真撮っている人がいる。



nice!(0)  コメント(12) 
共通テーマ:自動車

エブリイ [我が家のクルマ]

 先月わが家にやってきた中古のエブリイバン。
遠い県外から購入したので陸送費に4万円以上もかかりました。
DSC03532_R.JPG








仕事用のバンですが、後ろに人を乗せる機会も多いので、
シートが立派なジョインというグレード。
DSC03533_R.JPG









H15年型ですが、ワンオーナーで走行距離はまだ37000km。
10年落ちのバンにしては程度はとてもいいのですが、
タイヤが新車以来一度も交換されておらず、ひび割れ、ゴムが硬くなっているのだけが誤算。
燃費は14km/Lぐらい。ちなみにキャリーは15~18km/Lぐらい。
キャリーの車重が700kgにたいして、エブリイは860kgもあるので妥当なところかな。
DSC03535_R.JPG








子供たちはプリウスがいいとか、ステップワゴンみたいな大きなクルマが
いいと言ってましたが、「儲けたら、そのうちにね。」
DSC03536_R.JPG











デコポンの出荷が先日ようやく終了。
今年は酸が高く食味不良。(毎年か・・・)
おかげで販売は大苦戦。あてが外れました。
「20日間で10トン出荷スルゾー!」という意気込みも結局8トン止まり。
2トンは品質不良と腐敗で廃棄処分しました。
DSC03578_R.JPG








 デコポンの悪夢は忘れてすぐに新たまねぎの収穫と出荷がはじまりました。
こちらは「4月と5月で40トン出荷スルゾー!」という計画ですが、
はやくも暗雲が・・・・。(汗)
DSC03606_R.JPG
                           集荷場にて撮影。










悪戦苦闘しているオトウサンを尻目に長女が中学に入学。
セーラー服を着ると、昨日までとは別人みたい。
コピー (1) ~ DSC03581_R.JPG










DSC03341_R.JPG





さぁ、仕事仕事。









nice!(1)  コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感

パジェロ イオの悪臭 [我が家のクルマ]

 うちの爺さんの愛車、H11年のパジェロ イオ 1800ZR 5MTです。
昨年からエアコンを入れると、強烈な悪臭がするようになりました。
そうです、またネズミの臭いです。
車外のどこから侵入したのかなぁ、と思って調べてもわからなかったので、
そのままになっていました。

しかし、さすがにこの夏、なんとかならないか、ということになって
もう一度調べてみました。
DSC02491_R.JPG





助手席の足元からダッシュの裏をのぞくとファンモーターが見えます。
簡単に外れるダクトとホースを外し、ねじを3本外すだけでシロッコファンが出てきます。
P9250006_R.JPG






やっぱり、ありました! 
ネズミが持ち込んだビニールひも。 まわりにはオシッコのあとが・・・。
これでは臭いわけですねぇ。
P9250010_R.JPG






細いブラシを使って洗い、最後は綿棒を使ってきれいにしました。
P9250015_R.JPG






シロッコファンのカバーも取り外そうと、あれこれ外していったのですが、
簡単には外れそうになかったので、こちらは断念。
下から手を伸ばして拭き掃除のみ。
P9250020_R.JPG






このクルマにはエアコンフィルターが装着されていません。
ファンの上は開放状態でどんな大きさのネズミでも簡単に入れます。
今回は、たまに窓が開いた状態になっていることがあるので、
窓から室内に侵入したと思われます。
P9250019_R.JPG

これだけの掃除で、ほとんど臭いはしなくなりました。




それにしても、ユーザーが困っているのに、こういう問題には
まともに取り合ってもらえないのは、どこのディーラーでも同じでした。
もっともワタクシ自身も最初は、自分で何とかしよう、と思っていなかったんですけどね。
P9250021_R.JPG



過去の関連記事
アクティの悪臭 http://1565.blog.so-net.ne.jp/2006-08-14







悪臭といえば、もっと深刻なのがオトウサンの臭い。
DSC02289_R.JPG

http://www.uny.co.jp/hgd78l000000056z-att/hgd78l000000gw6k.pdf


極力、迷惑かからないように、一応努力はしておりますので、
暖かい目でみてやってくださいマセ。(^^;






nice!(3)  コメント(25) 
共通テーマ:自動車

スズキ キャリー [我が家のクルマ]

 先月、わが家に新しいクルマがやってきました。
スズキ キャリートラックです。
DSC03572_R.JPG


爺さんが軽トラを買い換えたいというので、キャリーならお値打ちな新古車がいくらでもある、
というワタクシの話でアクティからキャリーへの乗り換えです。
業者オークションから引っ張ったので、ろくにカタログや現車も確認せずに購入しました。
実際、周りの農家でもキャリーに乗っている人が一番多いので、
特に問題は無かろうと考えたのですが・・・。




いざ車をもらってきてからの確認。
アクセルペダルのバネにグリスがべったり。
これでは靴が汚れてしまうので(実際、ステアリングシャフトにもグリスが付着していました)
すぐに拭き取っておきました。
DSC03570_R.JPG






アクティより安い車なので、より材質や作りがチープなのは納得済み。
シートバックの高さがアクティより低くて、肩の辺りがスカスカです。
垂れ下がっているひもはなにかと思ったら・・・。
DSC03558_R.JPG






エンジン整備の際にシートを吊るものだったのですね。
DSC03568_R.JPG






今まで乗っていた平成12年式のアクティ。
パワステが付いていないのがちょっと苦になるようになって来ました。
DSC03552_R.JPG






なので今度のキャリーはパワステ付き、エアコンは使わないので無しを選びました。
DSC03562_R.JPG





アクティはエンジンが後輪前に搭載されていますが、
キャリーは前輪後ろ、座席下。
その為エンジン音はやはりキャリーの方がうるさく感じます。
それにエンジン音も、なんだかベアリングの精度が悪いのか、組み付けが悪いのか
完成度の低そうな音でがっかり。
(でもそう思ったのも最初だけで、だんだんと良くなってきました。)
ステアリングは細すぎます。

と、最初はあれこれと、あらが目立ってしまいますが、

そんなモンは、慣れれば何てこと無いです。



逆にいままでのアクティより良い点は、
クラッチペダルのストロークが長く、つながり自体もスムーズ。
アクティはクラッチ操作に少し神経質なところがあり、
バックではとくにスナッチが発生しやすかったですが、キャリーはまったくありません。
シフトフィーリングもアクティはカチャカチャして節度がなかったですが、
キャリーの方がしっとりとして感じがいいです。





しかし、






しかし!







どうしても慣れないのが・・・




いや、どうしても納得できないのが






なんと、キャリーにはエアバッグが付いていなかったことです。!!
DSC03650_R.JPG

いまどき、エアバッグの無いクルマが販売されているとは・・・。愕然
買って初めて気づいて、調べたら

キャリーはパワステとエアコンを装着したKCスペシャルというモデルだけ
それもオプションでエアバッグが選ぶことができるだけで、
その他のグレードではオプションすら用意されていないという事実です。

アクティは全車標準装備だったのに・・・・。

こんなことでいいんですかね~SUZUKI さん


というか、これは国の安全基準の問題でもあるんですが。




こんなことなら素直にアクティにしておけばよかったか?
今回のキャリーは新古車なので、車体価格もお値打ち、諸経費もお安い、
10年落ちのアクティは爺さんがあちこちぶつけまくって、ぼこぼこの状態で
ディーラー査定ならゼロでしょうけど、それでも業者オークションで
ばかにならない金額で売れたので、結局50万ちょうどで買い替えが出来ました。
これが新型アクティなら90万以上は必要でしょうねぇ、きっと。


零細農家のわが家ではそこまでは出せません。
仕方ないか・・・・。






nice!(1)  コメント(9) 
共通テーマ:自動車

ヴィッツのタイヤ交換 [我が家のクルマ]

 先日、ヴィッツのタイヤを交換しました。
カーショップのプライベートブランドの物にでもしようと思っていましたが、
そのまえに、のぞいてみたヤフオクに、さらに安そうなタイヤが出品されていて、
お値打ち価格で無事に落札できました。

コンチネンタルです。





タイヤのハメ換えもついでに、ネットで広告を出していた業者に依頼しました。
ネットでの広告は絶大で、ワタクシのようなお客が多く、なかには県外からも
来るそうで、業者さんも驚いていました。
このショップはけっして県外からアクセスしやすい場所にあるわけではないんです。


「コンチネンタルにしたのは、何か理由があるのですか?」と業者さんに聞かれました。

「いえ、ただ安かっただけです。」とワタクシ。

「コンチネンタルは軽いし、静かだし、真円でてるし、私は好きですよ。」と言われて喜ぶ。

でも、安いのは理由がありまして、このタイヤ製造年月が2002年なんです、6年前・・・・。
それでも2~3年で使い切ればまだ問題ないと思いますが、うちのヴィッツはせいぜい
年間走行距離は5~6千km程。
溝がなくなるまで、使えるかしらん?。(^^;

ところで、昨年乗り換えたピンクのヴィッツですが、「なにかヘンだなぁ・・・」
「これはワタクシの知ってるヴィッツじゃない・・・」と思っていましたら、
のちにタイヤの空気が入ってなかったことが判明!
前輪は1.4ぐらい、後輪は1.0しか入っていませんでした。
このぐらいの圧でも外観だけでは気づかず、ゲージをさしてはじめて驚きました。

それにしても、このクルマは某ディーラーに頼んでオークションで落札し、
同時にそこで車検を取ってるんですが、空気圧も見ないんでしょうかねぇ。
見るからに賞味期限の切れたタイヤを履いてましたから、そのぐらいはチェックしておいて
欲しかったなぁ~と思いました。

やはりどんなクルマでも、ユーザーは注意を払うべきと、痛感した次第デス。











nice!(0)  コメント(8) 
共通テーマ:自動車

ヴィッツ雑感 [我が家のクルマ]

 休日はヴィッツに乗ってることが多いのですが、
今度のH12年式にはちょっと戸惑いを感じます。
マイナーチェンジでたぶんエンジン特性がちょっと変わってるんだと思うのですが、
低回転からよりトルクが出ているようです。
それは乗りやすくなっているということなんですが、
反面、回転を上げても盛り上がりに欠けるのです。
(べつに高回転まで引っ張ってるわけではありませんよ)
AT車なら問題ないかもしれませんが、マニュアルの場合は
ちょっと運転がリズミカルにいかないんですよねぇ・・・。

ハンドルが重くなったのも、ちょい乗りではむしろ、うとましく感じてしまいます。
正常進化してるんですが、H11年の初期型の方が良かったなぁ、とついつい思ってしまいます。

ハードとしては進化していても、初期型の方が良かった、と感じるのは
ユーノス ロードスターもそうでした。
2代目、3代目とパワーアップして、車体剛性を増しても、初期型のNAに乗ってる方が
楽しいと思いました。

初期型の印象が強すぎて、アタマが堅いワタクシのような人間は進化を拒否するのでしょうか?
クルマはいい悪いで選ぶのではなく、好き嫌いで選ぶものですから、
メーカーのヒトも売れる車をつくる、というのは本当にやっかいですね。

 


 全身キズだらけのヴィッツが売れました。
リサイクルカーのオークションで限度額一杯の10万円!という強気の
最低落札価格をつけて、見事その価格で売れました。
外装はルーフ以外、すべて子供の落書きがいっぱい、
内装もばっちいクルマでした。

アピールポイントは走行距離が37500kmと少ないこと、
車検が丸1年残っていることぐらいでしょうか。
どこかの離島で使ってもらえるのか、外国へ嫁ぐのかわかりませんが、
たっしゃで暮らせよぉ~。(^^)/^^^









nice!(2)  コメント(14) 
共通テーマ:自動車

こんにちはヴィッツ [我が家のクルマ]

 我が家に新しいヴィッツがやってきました。
傾いたコーナーポールがおばちゃんぽくてかわいい?平成12年式1000cc、5MT車です。
だいたい7年~8年落ちのヴィッツMT車なんて、査定に出したところで、ほんのすずめの涙しか
値は付かないでしょうから、そんな格安車に乗り換えようというのが、今回の目論見です。

行った事はありませんが、市内にUSSオークション会場がありますので、
毎週金曜日に開かれるオークションで1L、MTのヴィッツが出たら連絡をもらうように、
クルマ屋さんにお願いしておきました。
ただしオークション会場には一般者は入れないので、自分で現車を見ることはできません。
クルマ屋さんの下見が頼りです。
あらかじめクルマ屋さんのマージンを決めておいて、あとは出品票を見て個別に
落札上限価格を決めるだけです。

しかしよく話を聞いてみると、ワタクシが考えていたよりMT車って、それほど極端に安く取引されているわけではありませんでした。ちゃんと立派な値段が付いてます。(TwT)
翌週、早速連絡があった2台の物件。
1台目は評価点「R」。つまり事故車。走行距離が少なく、修復もフロントでなく、
リヤなのであまり心配することもなさそう。(・・って、このへんが賭けですが)
「案外、安く落札できるかも?」と思って、安めに入札。結果、惨敗。
出品者もかなりの強気でした。

2台目は評価点「4.5」。いわゆる極上中古車。
こちらの予算では到底落札できないだろうとあきらめていましたが、
ちょっとだけ予算上積みして入札してもらいました。
その最後の決断が吉と出て、見事に落札!
思ったより値が上がらなかったのは、ピンクという女性に限定されるような色
だったからかな?と思っています。

もう少しボロいクルマでもよかったのですが、思いがけずきれいな車を
手に入れることができました。
では一般的に店頭に並んでいる車より安く買うことができたか?
といわれれば、案外そうでもありません。
ディーラーで買うよりは確実に安いですが、一般中古車屋さんと大差ありません。
しかも保証もありませんし、自分で現車を見れない等、様々なリスクを考えると、
こういう買い方も得策とはいえないというのが、実感です。
素人が、そう易々とお徳に手に入れられるほど、世の中甘くありません。
 

 ヴィッツはH11年1月に発売されたクルマで、いままでの紺色はその直後に購入したものです。
今回はH12年3月登録のクルマで、ちょうど1年違いなのですが、その間8月にマイナーチェンジ
がありまして、内装の色が少し変わってます。
MDレシーバーをまえのヴィッツから移植したので、パネルの色があってません・・・。(^^;

(訂正、 もともと内装色は2種類あり、ボディカラーによって決まってます。
 紺色とピンクでは内装色が違う為で、マイナーチェンジで変わったものではありませんでした。)

 それより驚いたことに、かる~いハンドルがしっとりとした重さに!、
リヤサスからゴトゴト音がして「壊れてるの?」と思うようなH11年式から、
全体的にどっしりとしたクルマに変身していたことでした。
1年でまるで別の車のようになっていたのは、うれしい誤算でした。
これで、タバコ臭さが無かったなら新車みたいなんですけど・・・。

でも、もうすぐ決算末でオークション会場に大量の新古車があふれるそうですから、
そういうのを買った方が、長い目で見ればいいんでしょうけどねぇ・・・。




nice!(1)  コメント(14) 
共通テーマ:自動車

さよならヴィッツ [我が家のクルマ]

 あと数日でヴィッツとお別れすることになりました。
ワタクシはクルマは本来、乗りつぶすまで乗る方なのですが、
今回は8年、37500kmという短い付き合いでした。




乗り換える原因はやはりこのキズ。
妻はこれで名古屋駅や栄まで、平気で乗っていきますが、
・・・・そのシンケイもちょっとコワイ(^^;・・・・
やはり、目立たないクルマに乗りたいデス。







  <過去の関連記事>

  ヴィッツ 1.0 F -1
  http://blog.so-net.ne.jp/1565/2006-03-06-1

  ヴィッツ 1.0 F -2
  http://blog.so-net.ne.jp/1565/2006-03-11









 もう一台の我が家のクルマ、乳母ぐるま。
いまどきこんなの使ってる人、近所でいません。
妻はよく知らない人から「乳母ぐるまを押してる人でしょ?」って、声をかけられるそうです。
次女が入園する為、こちらもそろそろ引退。







nice!(1)  コメント(17) 
共通テーマ:自動車

アクティの悪臭 [我が家のクルマ]

 平成12年のアクティ、軽トラックです。走行は38000km。
うちの両親が毎日、農作業など普段の足車として乗っている車です。

 この車が去年頃から急に堆肥のような悪臭がするようになって
ブロアを入れると、とても気持ち悪くて乗っていられなくなりました。
先日、両親がディーラーに行って車を預けてきたものの、
「中でネズミが死んでいるかもしれないけど、全部ばらすのは
とてもたいへんな作業でできない」と言われたそうです。

 117修理のためにやってきた友人のTさんにうちの親がその話を
すると、「じゃ、ちょっと見てみましょう」といってフロントガラス下の
カバーを外しました。

 現代の車はプラスチックのホックでパチンパチンと止めてあるだけですが
それを外すのが、慣れてないと難しいデス。
ちなみにこの黒いカバー、ところどころネズミがかじったあとがありました。

 カバーを外して見えたのが、外気導入口。
覗くとそこに悪臭の原因がありました。

 ネズミが持ち込んだビニールひも。ここがネズミのねぐらとなっていたのでしょうか。
このひものかたまりが、ネズミのおしっこ(?)でひどい悪臭を放っていたのです。

今度は室内から、グローブボックスを外します。
これまた頑丈にホックではめ込んであります。
それを外すと、さっきの外気導入口からブロアファンまでの
L字型の白い筒が見えますので、3本のねじで簡単に外すことが
できます。それを水洗いして装着しておしまい。(この車にはエアコンが付いてません)
時間にして1時間弱。夕立があったので後半は写真も撮らず、大急ぎ。

結果、においの約7割は減ったように思います。
まだ他人が乗れば、悪臭を感じると思いますが、本人たちは
「前と全然違う」と大喜びでした。
作業前、母親は「車を買い換えた方がいい」と言っておりましたが
これで買い替えずに済みそうです。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

ユーノス ロードスター  -5 [我が家のクルマ]


平成14年(2002年)妻からワタクシのあずかり知らぬ3人目を
授かったと知らされてたまげました。
そこで、とうとうロードスターを乗り換えることにしました。

翌年の平成15年2月、そのロードスターとお別れの朝、家族で
最後の写真を撮りました。
思えばこの6年前、会社の駐車場で「そのクルマに乗せてもらえませんか?」
と声をかけてきたのが妻で、あれがなければいまはなかったかもしれません。

平成12年(2000年)9月、1日で400ミリ以上降ったあの東海豪雨の時も、
ロードスターは空を飛んで名古屋を縦断し奇跡的に帰宅できました。
(じつは名古屋高速)

11年間で16万キロ走り、思い残すことはありませんでした。
(息子には自分が素晴らしいと思うクルマを見つけて欲しいデス)


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:クルマ・バイク(旧テーマ)
前の10件 | - 我が家のクルマ ブログトップ