So-net無料ブログ作成
検索選択
その他のクルマ ブログトップ
前の10件 | -

2017年 トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル [その他のクルマ]

 5月28日に愛知県モリコロパークにて行われたトヨタ博物館クラシックカー
フェスティバルを見てきました。


050_R.JPG




 2000GT がたくさん来るなぁ、と見ていたら、結局ボンドカーを入れて
約10台が集結しました。
002_R.JPG




039_R.JPG




044_R.JPG



往年のレーシングドライバーの姿も。
029_R.JPG





 今までなかなか見る機会がなかったフィアット ディーノ。
007_R.JPG





003_R.JPG





なかなかいいです。今回、これが見えたのが一番の収穫。
034_R.JPG









 個人的にクラウンは昔から好きです。
011_R.JPG




サーブ99
025_R.JPG




このクルマのヘッドレストが面白い。歯医者さんのイスみたい・・・。
026_R.JPG





1931年 ライレー ゲームコックスペシャル
009_R.JPG



このシートの背もたれが一度も張り替えてないような歴史を感じる。
そう思って撮ったけど、手前のミラーにピントがあってしまった失敗写真。
010_R.JPG





シングルナンバーのポルシェ912。
いかにもこの50年間ずっ~と大切にされてきました、という感じのコンディション。
045_R.JPG




駐車場で面白いクルマを見つけました、MPラッフェル。
ワーゲンベースでMG TD風のFRPボディを載せた車でブラジル製。
053_R.JPG



なのでエンジンはリヤ、ボンネットは荷物スペース。
どんなふうになっているのか見てみたい。
055_R.JPG






話は変わりますが、ちょうど1年程前にウクライナの自動車ジャーナリストさんから
当ブログをはじめ117仲間のブログにコメントを頂きました。
イタリアのカロッツェリア、サルジョットさんに関する情報提供を求めるものでした。
その後、熱心な友人らが骨を折り、無事に記事になりました。
その本を少し前にいただきましたので、ここで紹介します。

001_R.JPG


006_R.JPG


004_R.JPG


薄い雑誌ですが写真を見ているだけでも、結構楽しめます。
117仲間の尽力に頭が下がる思いです。






nice!(2)  コメント(8) 
共通テーマ:自動車

2016年 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル [その他のクルマ]

 5月29日、久々にクラシックカー・フェスティバルを見に行ってきました。
場所は愛・地球博記念公園(モリコロパーク)です。


 1960年 メッサーシュミット KR200
楽しそうに乗っていたのが印象的。
DSC04197_R.JPG






 1963年 ハインケル トロージャン
200ccエンジン、車重250kg。
DSC04175_R.JPG







 1964年 フォルクスワーゲン タイプⅡ 荷台はメッサーシュミット
水色は1967年のフォルクスワーゲン タイプⅢバリアント
DSC04193_R.JPG







 とても珍しいチェコのクルマ、1973年 シュコダ 110R (イギリス仕様)
旦那さんが運転していましたが、奥様が購入したクルマ。リアエンジン。
DSC04216_R.JPG




DSC04217_R.JPG









 1966年 ポルシェ911
完璧にレストアされてとびっきりきれいなクルマでした。
DSC04221_R.JPG










 1973年 シトロエン DS23 
ユニークなヘッドレスト
DSC04220_R.JPG







 1962年 日野ルノー カロッツェリア ワタナベ
現在、雑誌でグリフォンのレストアが連載されていますが、
あのカロッツェリア ワタナベ がチューンしたクルマ。
ドア4枚とリヤフェンダーがアルミ、フロントノーズにワタナベのエンブレムが付く。
DSC04223_R.JPG








 1970年 BMW 2002ti
2002の高性能版 ti は新車当時、数台しか正規輸入されなかったが、そのうちの1台。
DSC04228_R.JPG








 1971年 フォードマスタング マッハ1 429
この年式のマッハ1は約3万2千台生産されてますが、そのうち
429エンジン(7000cc)を載せていたのは約1200台あまり。(注:数字はうろ覚えデス)
そのうちの1台。この当時ワタクシが一番あこがれていたのがこのマッハ1。
DSC04231_R.JPG








 1958年 フォルクスワーゲン カルマンギア カブリオレ
ポルシェ356A からの乗り換え。オトモダチ(その1)のクルマ。
DSC04178_R.JPG








 1967年 ロータス ヨーロッパ タイプ46
新車で日本にやってきました。オトモダチ(その2)のクルマ。
DSC04213_R.JPG








 1969年 ボルボ P1800S
オトモダチ(その3)のクルマ。
DSC04208_R.JPG

*オトモダチ3人はすべて117ハンドメイドのオーナーデス。








<懺悔のコーナー>
 さる5月15日に恒例のALL JAPAN ISUZU FESTIVAL が香嵐渓(愛知)にて
行われました。・・・がワタクシはすっかり忘れておりまして、今年はレポートできません。
このイベントだけは毎年必ず見に行っていましたが、今年は日程すら調べていませんでした。
行った方によれば「すごく参加車が多かった!」らしいです。
このレポートを楽しみにしていた方には、たいへん申し訳ありません。m(_"_)m

DSC04190_R.JPG
















DSC04195_R.JPG










nice!(1)  コメント(24) 
共通テーマ:自動車

名古屋でモーターしよう [その他のクルマ]

 11月20日に名古屋モーターショウを見に行ってきました。
個人的な感想をまとめてみました。



トヨタS-FR。「はやくチシタリアになりたいぃ!」か?
大きく開いたグリルがCR-Zを連想してしまうし、かわいくし過ぎ。
DSC08302_R.JPG







 レクサスLX570。戦車みたい、「これが街を走るクルマか?」というのが第一印象。
このクルマと安倍政権は似ている。見た目よりシートの皮が柔らかいのに感心。
DSC08298_R.JPG






新型プリウス。さすがに外装デザインは3代目の完成度には及ばなかったか。
このクルマを含めて、確実にダッシュボードの主役はモニター画面になりつつあるなぁ。
DSC08299_R.JPG







スズキ エアトライサー。鉄人28号みたいな目つき。モーターショウでありがちなコンセプトカー
だけど、とてもいいデザインと思いました。こんなクルマがでたら楽しそう。
DSC08309_R.JPG
DSC08308_R.JPG




スズキ イグニス。とても個性的で気に入りました。
でも全長3600ミリは短すぎて実用的でない。
これを買うならハスラーでいいか、と思ってしまいます。あと400ミリ延ばして欲しい。
DSC08310_R.JPG







スズキ バレーノ。 天井低すぎ。どういう顧客がターゲットなのか。
日本では出さない方がいいと思う。
DSC08342_R.JPG







ニッサン コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ。
量産ラインつくるスーパーカーGT-Rもいいけど、いっそこういう劇場的なクルマを本当につくって
アヴェンタドールとタメをはってくれればおもしろいのに・・・。やっちゃえ、ニッサン。
DSC08313_R.JPG






三菱 EXコンセプト。
昨今のSUVブームは本来(昔)なら三菱の独壇場になるはずじゃなかったのか。
現行のRVRが走っているのを見たこと無い。
間が悪いことに、そのRVRの開発担当者が開発の遅れで解雇処分されるというニュースが・・・。
DSC08317_R.JPG




BMW i8。 運転席側は長い列ができていましたが、助手席はすぐに座れました。
ドアの開閉を体験できたのが、今モーターショウで一番の収穫でした。(^^
DSC08319_R.JPG







 なんとマツダはコンセプトカーを名古屋に持ってこなかった!「まぁ~アカン!」
今回、RX-VISIONを見ることを一番の楽しみにしていたのにぃ~。
DSC08333_R.JPG

ディーゼルエンジンのカットモデルが3基展示されていましたが、いずれも高い注目度。
営業を捕まえて長話する人多数。そこへワタクシも割って入り、質問してきました。
「ツインスクロールターボって言ってるけど、ツインターボとどう違うんですか?」





ダイハツ キャスト スポーツ。
最初、TVCMでキャスト アクティバを見たときは「ウェイクに続いて、
ダイハツはまた変なクルマを出して・・・・」と思ったものですが、
後日、実車をショールームで見たら、その作りの良さにビックリ。
極端な話、BMWミニじゃなくてもキャストで充分じゃないかなと思いました。
ぜひ試乗してみたいクルマです。
DSC08328_R.JPG






いつも2時間、大急ぎで回るのに、今回は2時間でも余裕があるなぁ、と思って帰ってきたら
輸入車を展示する2号館に入らず帰ってきてしまいました。大失敗。
新型ポルシェ見たかったデス。


DSC08343_R.JPG













nice!(2)  コメント(13) 
共通テーマ:自動車

オートモービルアート 2010 [その他のクルマ]

8月29日にオートモービルアート2010(名古屋・ノリタケの森)に行ってきました。
プロとアマチュアの方が一緒に開くアート展です。
DSC07586_R.JPG


 自分一人で出掛けるつもりでしたが、一応家族にも声をかけると、
珍しく全員がついてきました。
久しく乗る機会のなかった117で行くことにしていたので、子供たちを後席に乗せて出発。






このアート展を見に行くのは今年で3回目。
毎回、おもしろい作品に出会ったり、出品者から伺う話も楽しみの一つです。
DSC07584_R.JPG



しかし、この日も名古屋は35度を越える猛暑日。
運転中、PUSHIM(プシン)の曲をかけていたら、「絶叫が暑苦しい・・・」と妻。
後席の長男は「どうしてこのクルマはガラスが黒くなってないの!」。
長女は「これ、じゃま!」とセンタートンネルを踏みつける・・・・。

そういう声にもオトウサンはひたすら我慢。(^^;






いつも丁寧に説明してくださるモデラーの方から話を聞いていると、
そこへ懐かしい知人二人とバッタリ。
DSC07587_R.JPG
しかし、昼には帰るという約束だったので、1時間ほどおしゃべりして会場を後にしました。








さて、今回初めて見ましたこのクレイアート。
紙粘土でつくったクルマ、深海魚みたいで面白いですねぇ。
前期型のトヨタ2000GTもとてもいいし、
それにスカイウェイを取り上げたところにも泣かせてくれます。
DSC07588_R.JPG





作者の方とはお会いできませんでしたが、自分の愛車をオーダーして作ってくれるんだそうです。
117クーペは量産タイプよりハンドメイドタイプの方が面白そうですね。
だれか注文しませんか?
DSC07585_R.JPG





 吊り下げ式クーラーは、行きはまだ前席だけはなんとか
冷やしてくれましたが、11時過ぎに帰るときにはぬるい風しか出てきませんでした。
その時、車内の様子は・・・・。(^^;;








過去の関連記事

  オートモービルアート展 2008   http://1565.blog.so-net.ne.jp/2008-09-13








おまけ 

やっぱり夏はレゲエですよね!







nice!(3)  コメント(17) 
共通テーマ:日記・雑感

第24回 大芝高原まつり クラシックカーフェスティバル [その他のクルマ]

 8月22日に長野県の大芝高原まつりに行ってきました。
DSC01180_R.JPG






DSC01182_R.JPG






DSC01181_R.JPG






DSC01183_R.JPG






DSC01189_R.JPG






DSC01191_R.JPG





いつもは青の117HMですが、今日はべレット1600GT-Rでやってきました。
DSC01186_R.JPG






1944年(昭和19年)! ウイリス MB 1/4tトラック。
DSC01198_R.JPG







DSC01202_R.JPG






ホンダ N360のボンネットはこんな形してるんですねぇ。
DSC01211_R.JPG




ほのかな期待をしていたのですが、残念ながら意中のクルマは現れず・・・。
おしゃべりもそこそこに会場を後にしました。










nice!(0)  コメント(6) 

2009年 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル [その他のクルマ]

 5月31日、モリコロパークで行われたトヨタ博物館の
クラシックカー・フェスティバルに行ってきました。


1975年 マツダ ルーチェ ロータリーAP ワゴンGR-II
DSC00590_R.JPG




今年は家族で117に乗って出かけました。
DSC01918_R.JPG





このイベントのいいところは、見知らぬオーナーの方に比較的声をかけやすいことです。
この1965年 サーブ96 モンテカルロ850 のオーナーに2サイクル用のオイルはどこから
入れるのか、お尋ねしたらわざわざ苦労して(^^; ボンネット開けて見せてくれました。

後ろヒンジ?かと思ったら・・・・
DSC00581_R.JPG





前ヒンジでした。
本来はもっと薄いフォッグランプがつくのだそうですが、
このフォッグではあたって全開にできなくて、やむ得ずつっかえ棒を使用しているんだそうです。
DSC00583_R.JPG




左タイヤ付近にある銀色のタンクが2サイクル用オイルのそれです。
DSC00582_R.JPG





知人の1969年 ボルボ P1800S
最近はLUXシャンプーの異様に長いTVCMで有名ですね。
このクルマは、もともとは某楽器メーカーの社長のクルマだったそうです。
いまでもたいていの部品がでるそうで、右ハンドル用のダッシュボードからカーペットまで新品が
供給されます。
DSC00578_R.JPG






1975年 ジェンセン ヒーレー
当時コーンズが輸入した3台のうちの1台だそうです。
DSC01943_R.JPG






DSC00622_R.JPG





1967年 パブリカ 800スーパー ディタッチャブルトップ
ディタッチャブルトップは67~68年にかけて99台のみ生産されました。
DSC00607_R.JPG




DSC00600_R.JPG




DSC00597_R.JPG





1937年 ビュイック
もともとはガソリン車ですが、木炭ガスでも走るように改造されたクルマです。
ガソリン用と木炭ガス用の2個のキャブレターが付いていて、運転席からレバーで
簡単に切り替えができるようになっています。
木炭ガスは主に一酸化炭素で、それを燃やして走るので排ガスはとても
きれいなんだそうです。
いまの車は一酸化炭素を触媒のなかで燃やしていますね。
DSC01931_R.JPG






DSC00656_R.JPG







園内を走るバス。

DSC01947_R.JPG








DSC01949_R.JPG









nice!(2)  コメント(24) 
共通テーマ:自動車

スカイライン54Bとスバルff-1 [その他のクルマ]

 時々松井板金さんに遊びに行ってはおしゃべりをしてきます。
54Bのレストア状況や愛車を見せていただきました。
IMG_4441.jpg





54Bのリヤアクスル。トルクロッドのステーがあるのが54Bの証。
「でも何故白に塗ってあるの?」とお聞きしたら
下回りもボディと同色で仕上げるのが、松井流なんだそうで・・・。
DSC00909.jpg






こちらが54Aのものでステーがありません。
DSC00915.jpg





足回りパーツ。
サンドブラストは使わず、バーナーで焼いて地金を出すのが松井流。
それでも穴の中など、細かな部分まできれいに地金が出ていました。
DSC00907.jpg





外されたフロントフェンダーを内側から見ると、過去にノーズ先端を
切り継ぎされているのがわかります。
(写真上部が前。10センチ位のところで、真ん中から右にうっすらと見えるラインがそれ)
こういう切り継ぎは寸分の狂いもなく、形状を合わせないと出来ないそうで、
松井さんは、「これを直した職人さんはうまい!」と絶賛していました。
IMG_4437.jpg









松井さんの愛車は1971年式のスバルff-1 でもう20年位乗っています。
エンジンは1300からレオーネ用の1400をチューニングして載せ換えています。
DSC00908.jpg






ウェーバーキャブが自慢。
インマニは何かの解体車から切り取ってきて改造しています。
オルタネーターとエンジンマウントはスズキ キャリーのものを流用。
DSC00905.jpg






松井さんは車高を落とすのが大好きです。
「なんだこの117、車高がたけぇじゃねぇか! 落とせ、落とせ!」
「こんくらいか? お?」
DSC00386.jpg





過去の関連記事

松井板金 http://1565.blog.so-net.ne.jp/2008-04-14






nice!(3)  コメント(28) 
共通テーマ:自動車

コルモラーニ 2008 inぎふ [その他のクルマ]

 10月19日、今年もコルモラーニを見に行ってきました。
朝方、用事を済ませてから出かけたので、到着は10時過ぎ。
午後は別の用事があったので、会場には1時間しか見ることが出来ず、
大急ぎで写真だけ撮ってきました。


TVRチーム
IMG_5213.jpg




TVR T350t
IMG_5288.jpg






IMG_5221.jpg





ベック スパイダー
IMG_5249.jpg





IMG_5254.jpg






IMG_5257.jpg




昭和52年型117クーペ XC ワンオーナーです。
IMG_5279.jpg





キャデラック XLR カッコイイ。
でもGMは何処へ行く・・・。
トヨタに助けてもらうしかないんじゃないかなぁ。
IMG_5296.jpg






IMG_5252.jpg





むこうの「未来を拓(ひら)く塔」もこの度、改修されて記念式典が行われました。
IMG_5294.jpg





岐阜駅前をパレードランするアルティマ スポーツ。
DSC00679.jpg


帰りの電車中でsugimechaさんから「いまコルモラーニを見に来ているんですが・・・」とメール。
「え?・・・」

http://sugimecha.exblog.jp/9449879/


nice!(0)  コメント(10) 

コッパ ディ ラグーナ 2008 [その他のクルマ]

 9月21日、コッパ ディ ラグーナ(愛知県蒲郡市)を見に行きました。

DSC00426.jpg




1933年 アストン・マーティン ルマン 1 1/2リッターエンジン
DSC00441.jpg





IMG_4568.jpg







チシタリア202 ロッコ・モット・ベルリネッタ
IMG_4557.jpg






IMG_4561.jpg






IMG_4690.jpg






IMG_4687.jpg









1968年 アバルト 1000 SP
IMG_4584.jpg





P9210005.jpg










IMG_4592.jpg






マトラ ジェット VS
IMG_4599.jpg





リヤが長いのでマトラですが、フロントのエンブレムはルネ・ボネ社でした。
マトラに吸収される前のルネ・ボネ ジェットが世界初の市販ミッドシップ・スポーツカー。
P9210011.jpg





シトロエン 11CV
IMG_4614.jpg



IMG_4645.jpg







1953年 ランチヤ アウレリア B20
IMG_4624.jpg








IMG_4647.jpg






P9210031.jpg





IMG_4603.jpg









 当日は詳しいタイムスケジュールを知らなかったので、10時過ぎ行きました。
ところがクルマたちは、鳳来寺山方面を走って、ラグーナに帰ってくるのが1時。
それでも昼前から到着を待っている一般ギャラリーは4~5人でしたでしょうか。
11時ごろ、バイクに乗ってやってきたおじさんが一人。
降りてきたその人の顔を見てびっくり。会話したことはありませんが、
旧車イベントでお見かけした方にそっくりだったのです。
「え?なんであの人がここに?? こういうクルマに興味あるのかなぁ~???」

恐る恐る声をかけてみると、やっぱり当人でした!
前日に購入したこの本で登場する、117ハンドメイドECのオーナーさんだったのです。
思いがけない出会いに、驚きと喜びを感じた一日でした。

CIMG6195.jpg










nice!(0)  コメント(25) 
共通テーマ:自動車

オートモービルアート展 2008 [その他のクルマ]

 9月6日、オートモービルアート展に行ってきました。
テクニカルアート、イラスト、モデルカー、陶器、切り絵などなど、
様々な手法でクルマを芸術しているプロやアマチュアの展示会です。

DSC00278.jpg



来場者の顔ぶれを見ていると、まるでCG CLUBのミーティングのような感じでした。(^^
DSC00338.jpg









 趣味でアルファロメオ カングーロ(1964年)を全て手作りしている方。
製作はじめて3年目、未完。
ボディはアルミのたたき出し。後ろ半分はたたき出したままの状態、
ノーズはそれを磨いてツルツルに仕上げています。

ハンドルを回せば、ちゃんとサスペンションも動きます。
しかも実車と同じようにロックツーロックは2回転半になっています。
後輪も回せば、デフギアが機能しています。

これは1/24スケール、1ミリの狂いは実車では24ミリの狂いとなります。
可動状態に仕上げる為の精度といったら!

DSC00293.jpg






ミッションの後ろを回せば、ピストンが上下し、ファンベルトと共に発電機も回り、
ファンが回転します。
ミッションの隣に展示してあるのは、ピストンとプラグ。
DSC00287.jpg






製作したボルト、ナット。手前左は一番小さいM0.4!
隣のM0.5からはナットも作ってあります。
老眼がひどいワタクシには、見るのがたいへんです。

カングーロは今年「ENGIN」(08.2~4)で復元された記事が出て、また有名になりましたが、
この方は3年前にすでにこのクルマを選んで、取り組みはじめたのもスゴイです。
DSC00321.jpg




隣には、その復元されたカングーロを直接取材して、透視画を描いた大内誠氏のブース。
この日は不在のようでした。
DSC00320.jpg






DSC00319.jpg





DSC00298.jpg




ディーノ ベルリネッタ スペチアーレ
DSC00328.jpg



陶器のポルシェ。
DSC00312.jpg




このウニモグは粘土(?)
DSC00325.jpg







DSC00272.jpg




DSC00342.jpg







ノリタケの森は名古屋駅の近くにありますが、本当にいいところです。
駐車場がいつのまにか有料になっていましたが・・・。
DSC00276.jpg







nice!(3)  コメント(19) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | - その他のクルマ ブログトップ