So-net無料ブログ作成
検索選択

とっておきのみかん  [農業]

 我が家にあるみかんのなかで、一番おいしいみかんが、この盛田温州。
中生種(なかて)なので、年末年始が食べ頃です。
特徴はなんといっても、つるつるとした果皮。
病気に弱く、昨年は全滅状態でしたので、今年は注意して栽培しました。

003 (3)_R.JPG



もう何十年も前から我が家にあるのですが、数本の樹があるだけなので、
販売はしてなかったのですが、今年から産直所の会員になりましたので、
こういう少量品の販売もできるようになりました。
げんきの郷(愛知県大府市)にて地味に販売しています。



この記事を書くにあたり盛田温州のことを調べてみました。
佐賀県松浦郡七山村(現在は唐津市)の盛田博文氏の園で
宮川早生の枝変わりとして発見されたそうです。


驚きました。この「ナナヤマムラ」にワタクシは行ったことがあるんです。
静岡の果樹試験場にいた頃に同級生のなかに、この七山村出身の
エイノスケ君がいたのです。
当時、九州に行った際に、同級生の家を回ったのですが、福岡の糸島、
大分の豊後高田、そして佐賀は浜玉とこの七山村。
「ここがエイノスケの家だよ」と車から見ただけでしたが、そのヘンピぶりは
豊後高田にも驚いたけど七山村は強烈でした。(この地域の方ごめんなさいね)

エイノスケ君はたしか農協に入って、30年ぐらい前の同窓会ではノートパソコンや
携帯電話を持って仕事をしていて、彼の風貌とはまったく似合ってなくて
それでまた「へぇ~、そういう仕事してるの?!」と驚いた記憶があります。
エイノスケ君は今頃、農協のエライさんになっているのかな?



007_R.JPG







 話は変わって、
最近、まったく車の話題がありませんが、今年買ったデミオ(H16年式)の
オイル交換を先日、初めてやりました。
オイルフィルターがとても作業しやすいところにいたく感心。

003 (2)_R.JPG


ヴィッツからの乗り換えたときはとてもクラッチが重く感じましたが、今はなれました。
アクセルの踏み始めが、いきなりスロットルが開く感じで、発進時にタイヤが鳴りやすい。
ボディ剛性が思った程、高くない。

ガラガラ、ゴロゴロとディーゼルか?と思うほどうるさいエンジン。
でも今回10W-30のオイルを入れたら、始動時のガラガラはだいぶしなくなった。
たぶん納車点検でディーラーが低粘度のオイルを入れたのだろうと推測。




オイルといえば、ワタクシたち農家が使う草刈機や背負いの動墳などは
2サイクルエンジンなので、ガソリンに2サイクルオイルを混ぜます。
その比率が昔は25:1 だったのが、いまは 50:1、なかには100:1 なんて
いうオイルもあります。
ワタクシももらい物の50:1 のオイルがありましたので、今はそれを使っている
のですが、機械がそれに対応しているエンジンならいいのですが、
たとえば古い草刈機に 50:1 で混合燃料を作って使用してはいけないそうです。
最近、知りました。(^^;
そんなこと知らずに使用していましたが、エンジンが焼きつかずによかった。

このオイル、地区の一斉清掃のときにもらったんですが、
だ~れもこのオイルに対応した新しい農機を持っていないのですから
こんなものを配ってはいけないと、いまさら思っている今日この頃です。

002 (2)_R.JPG











nice!(0)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感

ハクサイ [農業]

 例年、この時期はダイコンを出荷していましたが、あまりいい物ができないので
今年はハクサイを作ってみました。
004_R.JPG


9月の長雨で次々に腐っていき、最初に播いた分は7割ぐらいは捨てたと思います。
10月に入って落ち着いたので、ようやく出荷できるまでになりました。
ここ知多半島(愛知)ではダイコンやキャベツはたくさん栽培されてますが、早生のハクサイは
あまり栽培されてなくて、地元の市場でも出荷しているのはワタクシだけでした。


009_R.JPG





 これ全部タマネギの苗です。これを1本1本手で抜いて、また1本1本手で植えています。
何本ぐらい植えるのか、計算してみたらおよそ18万本!
気が遠くなりますね。でもやるしかない・・・・。

002_R.JPG





せっかく植えた苗をカラスが抜いてしまいます。
なかには地上部を食いちぎったものもあって、がっくり。
貧弱な苗に限って抜かれる。カラスに叱られているみたい。(^^;

001_R.JPG

友達はロケット花火でカラスを追い払っていて、そうするとそのうち寄ってこなくなる、
と言います。そこまでやらないとだめかなぁ・・・。







みかんは9月の長雨の影響がその割には少なかったように思います。
もっとマズイみかんになるかと思ってましたが、案外フツウ。
その代わりカメムシの害が甚大。わずかに刺されていてもそこから腐る。
カメムシの害は近年の特徴。むか~しはこんな事なかったように思う。

003_R.JPG



寝る暇ないけど元気でやってます。









 1993年、さねよしいさ子の「二人で描こう夜空いっぱいのハート」
発売当時、いい曲だなぁ、CD買おう・・・と思いつつも結局買い損ねた曲。
寝る前によく聴いてます。














nice!(0)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

げんきの郷 [農業]

 ワタクシは2011年2月に会社を辞めて、家業の農業を継いだのですが、
会社員になる前は3年ほど農業をやっていました。
昔の仲間が今はどんな農業をしているのか、話を聞くと直売所を活用して
いる人が多いのに驚きました。
「農業も変わったなぁ」と30年の月日の流れをその時は感じたものです。


002_R.JPG






 で、遅ればせながらワタクシも今年から愛知県大府市にある「げんきの郷」の
“はなまる市”に出すようになりました。
「げんきの郷」は年間200万人以上も集客するとても大きな産地直売所です。

   JAあぐりタウン げんきの郷  http://www.agritown.co.jp/

ワタクシは柑橘類の販売が目的ですが、野菜も少量ながら並べています。
こういうところでうまくやっていくには、多種類の農産物を作らないといけませんが
ワタクシにはまだそこまでの技術がありません。






005_R.JPG








 こういう雑誌を読むと「う~ん、ワタクシにはこんなマネはとてもできない」と
思ってしまうのですが、友人は「この本を読むと、これもやってみたい、
あれもやってみたい。」と思うらしい。
002 (2)_R.JPG









 去年まではソルゴーを播いていましたが、この夏はやめてサブソイラーを
かけました。
大きな爪を約50cm程の深さで引っ張り、地中の硬い層に亀裂を入れて
水はけをよくするものです。ちなみにトラクターは約40年前の17馬力。

2010_0803_204936-DSC05190_R.JPG







2010_0803_225751-DSC05200_R.JPG







 「そんなことしたら、雨が降るとぐちゃぐちゃにならないか?」という人もいますが
ワタクシにもわかりません。8月に大雨もありませんでした。
サブソイラーをかしてくれた友人は「そんなこと絶対にない」と言いますが。
さてどうなるでしょう?
2010_0803_230219-DSC05202_R.JPG










また話はかわりますが、最近よく聴いてる曲です。
フラワーカンパニーズの「深夜高速」
この曲を聴くと何故かケメの「おもいでの国」を思い出す。






あっ、ケメの「愛そして卒業」がCD化されてる!
keme_R.jpg
https://www.amazon.co.jp/Keme-VOL-5-%E6%84%9B%E3%81%9D%E3%81%97%E3%81%A6%E5%8D%92%E6%A5%AD-%E7%B4%99%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E4%BB%95%E6%A7%98-%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%85%AC%E5%BD%A6/dp/B000GG4EO6












nice!(0)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

デミオ [我が家のクルマ]

 先日、ヴィッツを乗り換えました。
今度のはH16年式のデミオ 1300 MT です。
57600km走行で新車価格の10分の1以下のお値段。(^^

現車確認なしでネットで購入。しかも相手のお店は
ろくな在庫車もなく、小さなプレハブがあるだけ。

DSC08475_R.JPG







 結局、初代ヴィッツ(1000cc MT)にはH11年式とこのH12年式と合わせて
17年間のお付き合い。
走行距離が10万km超えて、そろそろクラッチの交換時期が迫ってきたことも
あり、換える事になりました。
DSC08469_R.JPG



関西からご自身でキャリヤカーにつんでやってきた店主は
こういう低価格ばかり扱っていてそれなりに忙しくいているんだそうです。
現状販売かと思いきや、きちんとディーラーで点検整備されて納車されました。

ヴィッツの唯一の不満はリヤのラゲッジスペースが狭いこと。
なので、今度はリヤが広いコンパクトカーのMT車と決めていたので
この2代目デミオを探していました。

DSC08478_R.JPG






 カーナビを取り付ける為の社外パネル。
エンジンをかけるたびにエアコンと内気循環のスイッチを押さないといけない。
夜はハザードスイッチも含め、照明がないので案外と不便。
クルマより古いカーナビで使い物にならないので、ヴィッツで使っていたGoriraを
取り付けました。

003_R.JPG




乗ってみると、発進時のトルクがとてもあってビックリ。
以前乗ったことのあるAT車はごく普通の印象。
ヴィッツはトルク感のないスカスカエンジンでしたが
それでも軽い車重のおかげで走りは案外と軽快で楽しいクルマでした。

それにしてもデミオのクラッチの重さには面を喰らいました。
「普通のコンパクトカーでこの重さは無いんじゃないの・・・・ブツブツ」。
アテンザといい、このデミオといい、マツダのFF車のクラッチは
どうもよろしくありません。


ところでこのクルマ本当に1300だよな・・・と思いつつ、エンジンを
見ようと思ったら、ボンネットが開きません。
「おっかしいなぁ?、そういえばこのクルマ、12年落ちなのにほとんど
ヘッドライトが黄ばんでいないなぁ・・・」
と、一瞬、事故車を疑ってしまいましたが、ディーラーに行ってみたら
レバーをワタクシは一生懸命上げてましたが、デミオは手前に引くのだそうです。(^^;


004_R.JPG


先日、別のクルマの車検で借りた代車のハイゼット カーゴ。
GS行って給油しようとしたら、蓋を開けるレバーがわからない。
いくら探してもわからないので、説明書を取り出してみたものの、どこに
書いてあるかさっぱりわからない。結局、セルフスタンドの若い女性店員を
呼んできて聞いたら、運転席シートの右側、背もたれの下にちょこんと黒いレバー
をすぐにみつけてくれました。
てっきり給油スタンドのマークがついたレバーがどこかにあるはず、と思い込んでいました。

デミオのボンネットといい、ハイゼットの給油口といい、我ながら応用力の無さにがっくり。
もう少ししたらきっとワタクシはまわりに迷惑をかけるような老人になると思う。







 そんなワタクシには望みはないけれど、高2の長男はまだ野球部でがんばっている。
3年、2年生合わせて12人しかいないのに背番号は19。
くじ運がよかったのか、一回戦は突破。
006_R.JPG






2回戦の相手校は応援席にベンチ入りできない部員が約30人。
こちらはたったの4人。
相手校はユニホームもピンと張っていて、体つきがいい。
やる前から勝敗はわかっていたような試合でしたが、それでも
相手の攻撃を0点に抑えた回が3回もあった。
もう1年生に追い越されているけど、来年は出場の機会があるかな?
011_R.JPG
あ、上から写真撮っている人がいる。



nice!(0)  コメント(12) 
共通テーマ:自動車

2016年 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル [その他のクルマ]

 5月29日、久々にクラシックカー・フェスティバルを見に行ってきました。
場所は愛・地球博記念公園(モリコロパーク)です。


 1960年 メッサーシュミット KR200
楽しそうに乗っていたのが印象的。
DSC04197_R.JPG






 1963年 ハインケル トロージャン
200ccエンジン、車重250kg。
DSC04175_R.JPG







 1964年 フォルクスワーゲン タイプⅡ 荷台はメッサーシュミット
水色は1967年のフォルクスワーゲン タイプⅢバリアント
DSC04193_R.JPG







 とても珍しいチェコのクルマ、1973年 シュコダ 110R (イギリス仕様)
旦那さんが運転していましたが、奥様が購入したクルマ。リアエンジン。
DSC04216_R.JPG




DSC04217_R.JPG









 1966年 ポルシェ911
完璧にレストアされてとびっきりきれいなクルマでした。
DSC04221_R.JPG










 1973年 シトロエン DS23 
ユニークなヘッドレスト
DSC04220_R.JPG







 1962年 日野ルノー カロッツェリア ワタナベ
現在、雑誌でグリフォンのレストアが連載されていますが、
あのカロッツェリア ワタナベ がチューンしたクルマ。
ドア4枚とリヤフェンダーがアルミ、フロントノーズにワタナベのエンブレムが付く。
DSC04223_R.JPG








 1970年 BMW 2002ti
2002の高性能版 ti は新車当時、数台しか正規輸入されなかったが、そのうちの1台。
DSC04228_R.JPG








 1971年 フォードマスタング マッハ1 429
この年式のマッハ1は約3万2千台生産されてますが、そのうち
429エンジン(7000cc)を載せていたのは約1200台あまり。(注:数字はうろ覚えデス)
そのうちの1台。この当時ワタクシが一番あこがれていたのがこのマッハ1。
DSC04231_R.JPG








 1958年 フォルクスワーゲン カルマンギア カブリオレ
ポルシェ356A からの乗り換え。オトモダチ(その1)のクルマ。
DSC04178_R.JPG








 1967年 ロータス ヨーロッパ タイプ46
新車で日本にやってきました。オトモダチ(その2)のクルマ。
DSC04213_R.JPG








 1969年 ボルボ P1800S
オトモダチ(その3)のクルマ。
DSC04208_R.JPG

*オトモダチ3人はすべて117ハンドメイドのオーナーデス。








<懺悔のコーナー>
 さる5月15日に恒例のALL JAPAN ISUZU FESTIVAL が香嵐渓(愛知)にて
行われました。・・・がワタクシはすっかり忘れておりまして、今年はレポートできません。
このイベントだけは毎年必ず見に行っていましたが、今年は日程すら調べていませんでした。
行った方によれば「すごく参加車が多かった!」らしいです。
このレポートを楽しみにしていた方には、たいへん申し訳ありません。m(_"_)m

DSC04190_R.JPG
















DSC04195_R.JPG










nice!(1)  コメント(24) 
共通テーマ:自動車