So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

旧ハッサム邸と117 そしていしじ温州 [117クーペ]


神戸117 - コピー_R.jpg
神戸の旧ハッサム邸
                                当時のカレンダーより



 年末にちょっと(いや、すごく)嬉しいことがありました。

3年前からげんきの郷(愛知県大府市)の産直マーケット
「はなまる市」で農産物を販売するようになりました。
普段は朝6時に並べに行き、土日など売れ行きがいいと
お昼前後に追加で補充に行くこともあります。

そういう時は多くのお客さんがいる中で、並べるので
接客力が求められるのですが、これが苦手。
なかなか「さぁ、ただ今、おいしいみかんが入りました!」
なんてとても声が出ません。
補充しているそばから、買っていただくお客さんに
ボソっと「ありがとうございます」と言うのが精一杯です。
なるべく下を向いて、気づかれないようにそ~っと商品を
並べてさっと帰りたいのですが、必ずと言っていいほど
お客さんから話しかけられます。


12月30日も11時過ぎにみかんを補充に行き、
コンテナからみかんを出す前に販売台を整理していたら、
「○○さんですか?」と若い女性から声をかけられました。

みかんの袋には名前が入っていますが、出す前だったので
どうして名前がわかったのかと思ったら、コンテナの隙間から
見えた袋詰めに「いしじ温州」というシールが貼って
あるのが見えたからわかったというのです。

それからいろんな話をその方として、なかでも「去年も30日の
11時に過ぎに補充に見えましたよね」と言われたのがビックリ。
その女性はワタクシの「いしじ温州」をとても気に入ってくださり、
いままでたくさん買っていただき、この日も12袋いっぺんに購入して
新年早々の予約まで頂きました。

こんな熱烈なファンがいるんだぁ~(あくまでもみかんのファンですけど)
いやぁ、嬉しいなぁ・・・・とそれ以来ずっとにやけているワタクシでございます。
今年もがんばって、ファンを増やしたいと思います。


いしじ3_R.JPG










nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

ふるさと [家族]

 12月28日、ようやくみかんの収穫がすべて完了しました。
最後の収穫はすぐ裏の畑、「いしじ温州」という品種。
年末年始がちょうど食べごろです。

妻と二人で収穫していたら、カービィのぬいぐるみを抱いた次女が
やってきて、リコーダーの練習を始めました。
課題曲の「ふるさと」を聴いていたら、「あれ、小学生だったけ?」
と思ってしまうほどのレベルですが、れっきとした中3の受験生。

もう、仕事は手伝ってくれませんが、こうやって畑に遊びに来るだけでも
かわいいもんです。

furusato-3_R.JPG


年明け、1月からは不知火(デコポン)の収穫がはじまります。



過去の関連記事

  2009年12月
    「HONDA ねこ丸」 
   
     https://1565.blog.so-net.ne.jp/2009-12-22






nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

エッチな117 [117クーペ]

 ブログをやっていますと、時々「ブログネタに、こんなのどう?」と
情報をいただくことがあります。
今回はワタクシにピッタリ(!?)のネタを提供していただきました。




38年前(1980年)の週間プレイボーイより。

オッパイは自主規制しました・・・。(^^;
pb117.jpg


右に書かれているのが

pb117b.jpg

ふ~ん、S34年生まれって、ワタクシと同い年。
今はどんなおばさんになっているんでしょうか。





エッチな117といえば、1979年「男はつらいよ 翔んでる寅次郎」第23作に
角目の117が登場します。
旅館屋のボンボン湯原昌幸が旅行中の桃井かおりを車内に連れ込んで
乱暴しようとするシーン。
いすゞ自動車提供なのに、この映画でいすゞ車の扱いはヒドイ。

寅さん117_R.jpg





我が家に117(S51年XC)がやってきたのは1979年11月。
ジャスミンイエローで日産の店頭に並んでいたのを濃紺に塗り替えて
納車してもらいました。
その12月のことです。
周りは田んぼや雑木林ばかりのみかん園で収穫作業していますと
畑の入り口の方で声がするので、のぞいてみると、なんと丸目で紺色の
117クーペが止まっているではありませんか!

その日は父親が後から来る予定になっていたので、ワタクシは一瞬
父親が117に乗ってきたのか?と思いました。
母親は我が家の117が盗まれて、偶然ここに来たのだと思ったそうです。

でもそれはほんの一瞬のことで、状況は運転席から降りてきた男が
助手席に向かって「降りろ!」と怒鳴っていたのです。

これはマズイ、と思いつつも「何をやっているんだ!」と叫ぶ勇気の無かった
ワタクシはトラックを彼から見える場所に移動させただけでした。
結局それで117は去って行ったのですが、当時、紺色の117なんてとても珍しかった
のに、よりによってうちの畑に来る?しかも乱暴目的で・・・。
感じ悪いなぁ・・・・。

というのが実際にあったワタクシの暗い体験談デス。

tita117-2_R.jpg


クルマにはなんの罪もないですからね。
要は乗る人次第。









nice!(0)  コメント(6) 

かわいい117 [その他のクルマ]

 とってもかわいい117を見つけました。

蒲郡3_R.JPG










 前が切れているのは、日差しで液晶画面がまったく見えないガラケーで撮ったため。
蒲郡1_R.JPG







蒲郡2_R.JPG



ヤンマー HFG187RP  2015年式(推定)

     286cc 9.4馬力  前進4段  後進2段  油圧ダンプ パワステ

     4WD 159万円









nice!(0)  コメント(9) 
共通テーマ:自動車

117クーペ生誕50周年記念イベント [117クーペ]

 9月24日、神奈川県大磯ロングビーチにて117クーペ生誕50周年記念の
イベントが行われました。
いすゞ117クーペオーナーズクラブの主催イベントですが、今回はいすゞOB会との
共催で総勢130名を超える人々が集まりました。
117は全部で95台?97台?集まりました。(自分では数えてません。)

072_R.JPG


昭和53年の新聞全面広告「2台が消えた」の再現のようでした。

  https://1565.blog.so-net.ne.jp/2006-04-02



当日は朝3時に自宅出発、6時過ぎに大磯プリンスホテル着。
前日23日はオーナーズクラブの総会が行われてます。
宿泊した117は約50台程。

056_R.JPG





 ワタクシが一般参加した記念イベント
“いすゞ開発OBが明かす 117クーペ真話”という講演会。
開発メンバー6名の方々の講演がありました。
そのチラシと参加費の(シールになっている)領収書、
記念品のプレート。
プロトタイプ2号の写真は宮川秀之氏から提供を受けた写真です。

002 (2)_R.JPG




今回はさすがに全部の参加車両を写す、ということはしませんでした。
いすゞ車マニアのサビサビさんはこれまた珍しい色のクーペでやってきました。
当時の地元ナンバーというだけで購入したそうです。

074_R.JPG


ちなみに元kanican号は昨年からサビサビさんと同県に生息しています。



「みなさん、・117が多いので、あえて外しました(笑)」とオーナーさんの弁。
061_R.JPG





講演終了後は希望者のみ藤沢市のいすゞプラザを訪問。
ワタクシは信号で前を行く117軍とはぐれてしまい、
古いナビは変なところを案内されて、結局、藤沢工場の正門受付で
聞きました。(汗)
103_R.JPG



いすゞがレストアしたハンドメイド初期型。いわゆる3個イチ。
説明してくれた女性に「ドナーとなったのは九州のお友達のクルマなんですよ」
と話したら驚いていました。
サーベルラインの下のラインとトランク上のラインがずれているのが
気になるのですが、識者に聞くと「当時からそんなもん」だそうです。

104_R.JPG




いすゞプラザは平日は完全予約制。土、祝日は自由見学。日曜日は休館。
祝日のこの日は結構家族連れが多く、子供たちが大型トラックに乗り込んで
楽しんでいました。もっと閑散としていると思っていたので、びっくり。

毎月7のつく開館日には117の助手席に座って写真を撮ってもらえます。
ただし先着30名。(午前・午後各15名)
その時にいただける特製記念バッチ。地元の友人から写真の提供を受けました。

プラザ メダル_R.jpg



いすゞプラザに117が里帰りしたのが新聞の地域版に掲載されました。
同じ内容でネットニュースでも流れました。

神奈川新聞
神奈川新聞_R.jpg

読売新聞
読売新聞_R.jpg




ワタクシはいすゞプラザは117を見ただけですぐに出て、もう一箇所行きました。

「あしがらクラシックカークラブ」代表者宅を表敬訪問。
厚木インターからのって、大井松田で降りればすぐですから・・・
と言われたものの、なぜかナビ通りに走ったら246号線を延々と・・・。
とても程度のいい117ジウジアーロとご自身で輸入したDS21。
そのほか、様々な旧車が生息していまして、カオスな世界をのぞいてきました。
107_R.JPG


帰りは246に入らずにすぐに大井松田インターに入れますから・・・、
と言われて帰路に着いたのですが、なぜかナビ通りに走ったら246・・・。
それにしても246の対向車線の渋滞ぶりには本当にびっくり。
あの人たちは今日中に帰れるのかな?と思うほどの大渋滞でした。


結局、御殿場市内に入って「これはおかしい」とナビを調べたら
「一般道優先」になってました。(爆)
これじゃいつまでたっても高速に入れんわなぁ、と寸前のところで
気づいて御殿場ICから入ることができました。

この日の走行距離620km。
全然疲れませんでした。 家族連れじゃないもんね。(^^






nice!(0)  コメント(14) 
共通テーマ:自動車
前の5件 | -